トランシーバー レンタル「transceiver 365」
INFO & BLOG

AMBIENT KYOTO 2023 に協賛しています

2023.10.23
AMBIENT KYOTO 2023 京都中央信用金庫 旧厚生センター この度弊社は、京都市で実施中の『AMBIENT KYOTO 2023』に協賛をさせていただいております。
弊社からは、会期中の現場運営で使用するトランシーバー、IP無線機を提供しています。

AMBIENT KYOTO 2023公式サイト
https://ambientkyoto.com/

『アンビエントをテーマにした視聴覚芸術の展覧会』
昨年の『BRIAN ENO AMBIENT KYOTO』(ブライアン・イーノ展)から大変話題になったこの『AMBIENT KYOTO』に、弊社も微力ながら携わることができてとても嬉しく思います。

先日はるばる京都の現場にお邪魔して、展示を堪能して参りました。

冒頭の画像から、こちらは京都中央信用金庫 旧厚生センターの会場。
エントランスのパネルにしっかりと弊社名(株式会社ハッピーマンデー)を載せていただいております。

AMBIENT KYOTO 2023
株式会社ハッピーマンデー まずは3階に上がって、上から順番に展示を見て行きます。

バッファロー・ドーターさん、山本精一さん、そしてコーネリアスさんの作品が鑑賞(体感)できます。

AMBIENT KYOTO 2023
Buffalo Daughter
山本精一 AMBIENT KYOTO 2023
Cornelius
霧中夢 dream in the mist AMBIENT KYOTO 2023
cornelius too pure AMBIENT KYOTO 2023
cornelius too pureAMBIENT KYOTO 2023
cornelius QUANTUM GHOSTS あまり多くの事を書いてしまうとネタバレにもなりますので止めておきます。
が、個人的には1階の展示Cornelius『QUANTUM GHOSTS』に最も痺れました。
360度に配置された20台のスピーカーから放たれる、研ぎ澄まされた一音一音に、高田政義さんによる照明がきめ細やかにシンクロして気持ち良いったらないです。
是非空いている時間を狙って行って、ステージ中央に寝そべったりして体感してください。ずっと居れます。

そして、1930年竣工(!)というこの会場の細かいディテイルにも注目です。

AMBIENT KYOTO 2023
京都中央信用金庫 旧厚生センター
ラウンジAMBIENT KYOTO 2023
京都中央信用金庫 旧厚生センター
ラウンジ  Synclee シンクリー 昭和初期のモダン建築という雰囲気の充満するラウンジに、微かな鈴の音。
正体は『Synclee』(シンクリー)というマシンでした。
ターンテーブル上に自由に配置した鈴を、上から吊るした球が規則的に当たって音を鳴らしていきます。このラウンジの午後の雰囲気にもとても良く合う、癒される音色でした。
完全受注生産品とのことです。

Synclee
http://laatry.com/synclee/

AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル 印刷工場跡
地下鉄 丸太町駅 会場を移動して、京都新聞ビルへ。地下鉄丸太町駅の7番出口に直結しています。

こちらのパネルにも弊社名が記載されています。

AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル印刷工場跡 AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル印刷工場跡 烏丸通り沿いの地下に突如現れる広大な地下空間がまず圧巻!

こちらは京都新聞社の印刷工場跡地。2015年までは印刷工場として稼働していたそうです。

AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル員佐久工場跡
坂本龍一高谷史郎 この空間の中で、故・坂本龍一さんの音楽と高谷史郎さんによる映像がひたすら流れ続けています。

印刷工場の跡が剥き出しのまま残る、文字通りインダストリアルな空間に、自然の風景を中心とした映像と、アコースティックとエレクトリック、そして自然音の入り混じる音が、箱全体にドーーンと展開する独特の世界。

展示に浸りつつ、全くの『無』になってみたり、何か考え事でもしてみたり。こちらも好きな人なら何時間でも居れる空間だと思います。(全ての楽曲で1セット1時間ほど)

思わず長居してしまって、会場を出たら外はもう暗くなってました。

AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル印刷工場跡
坂本龍一 高谷史郎 AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル印刷工場跡
坂本龍一 高谷史郎 AMBIENT KYOTO 2023
京都新聞ビル印刷工場跡
坂本龍一 高谷史郎 AMBIENT KYOTO 2023
京都タワー 東本願寺 昨年の実施時、「東京でもやってほしいなぁ」と悔しい気持ちでいましたが、実際に行ってみると京都での実施ということに妙に納得してしまいました。
長い長い京都の歴史を肌で感じながら、今がそのほんの一瞬に過ぎないという感覚の中でこそ、ゆっくりと展示の一つ一つに向き合えるような気がします。(個人の感想です)
同じ日本の大都市でも、東京では得られない何かを感じることができました。『京都をアンビエントの聖地に』という主宰の目標が、既に実を結びつつあるのではないでしょうか?!気が早いですが、早くも次回の実施が楽しみでなりません。


紹介した展示の他にも、カフェや銭湯とのコラボレーションや、11月3日にはコーネリアスのライブも控えています。
是非午前中から行って、丸一日AMBIENT KYOTOを満喫していただきたいと思います。
10月6日よりスタートし12月24日まで実施中です。どうかお見逃しなく。


AMBIENT KYOTO 2023
会期:2023年10月6日〜12月24日
会場:
[展覧会]京都中央信用金庫 旧厚生センター、京都新聞ビル地下1階
[ライブ]東本願寺・能舞台、国立京都国際会館 メインホール
休館日:11月12日、12月10日
https://ambientkyoto.com/
※詳細は、随時ウェブサイトやSNSで公開中


なお、今回のような協賛案件等につきましても、ご依頼・ご要望等は下記よりお気軽にお問い合わせください!
https://www.transceiver365.com/contact/

トランシーバーレンタルの半額キャンペーンを実施中!2023年10月1日~10月31日のご注文に有効です!
https://www.transceiver365.com/info/20231001/

RELATED POST

海外研修実施のお知らせ
2024.01.24 海外研修実施のお知らせ
IPとデジタル登録局のハイブリッド!アイコムIP700 レンタル開始しました!
2024.01.22 IPとデジタル登録局のハイブリッド!アイコムIP700 レンタル開始しました!
被災地へのトランシーバー無償提供のご提案
2024.01.17 被災地へのトランシーバー無償提供のご提案
「令和6年能登半島地震」被災地への支援について
2024.01.10 「令和6年能登半島地震」被災地への支援について

CONTACT

まずはお気軽に
ご相談ください!


ご注文、お問い合わせは、
お電話、メールでお気軽にご相談ください。
はじめてトランシーバー・無線機を
ご利用になる方もご安心ください。
経験豊富なスタッフが、
丁寧に、臨機応変に対応いたします!

お電話でのご注文
03-5468-3885※ 配達中など、お返事に
少々お時間いただくことがありますが、
どうかご了承くださいませ。
メールでのご注文
メールフォーム